テッド 確かにR15+だわこれは
ヤバいね、今までもなんか見たことがある話なんだけど、変な人ばっかり出てきて笑いっぱなしだよ。

というのがテッドを見た時の第一印象。エロいといえばエロいけど、それはチョット。ほとんどは沢山変な人が出てきて変人自慢しているような感じ。

主人公はいまいち大人になりきれていない、今時ならどこにでもいる男。責任感は希薄、仕事に情熱は薄く、女好きだけど結婚・・・?それよりもっと楽しみたいなぁ・・・という感じがひしひしと銀幕から伝わってくる。自分で書いていて自分の胸に突き刺さる言葉があるなぁ。良く言えば少年の心を持っている。悪く言えば・・・アダルトチルドレン?

で、この映画ただぬいぐるみに命が宿ってエロいだけじゃない。映画・・・特にフラッシュゴードンについて、強い愛情を感じる。それといろいろな映画に対する敬意も感じる。そういう所があるので、映画好きの人には是非見てほしい。

とは言え就職してからのテッドの品行と経営者の態度を見ると・・・なんか変だぞアメリカ人(ヌイグルミ?)という気がしてこないわけでもない。主人公が彼女に愛想つかされるところからは、正統派大人に脱皮して彼女のハートを射止めよう的メロドラマになるけど、最後を綺麗にまとめようとしたらあゝするしか無かったんだろうなウンウン(゚ー゚)(。_。)(゚ー゚)(。_。)

見に行ってから一ヶ月も立って書くのでチョット薄れている所もありますが、1ヶ所だけココは変だろう!!という場面がある。

テッドが復活する最期の場面・・・純粋な少年の願いでティディベアに命が吹き込まれたはずなのに・・・コレじゃあ世の中、命を得た動いてしゃべる◯◯だらけになっちゃいそうな気がする。まあ女の涙となんとやらともうしますが、日本の映画だったらこのシーンは雨の中お百度を踏む最後の一回で気絶して倒れこむところをテッドが助け起こす・・・コレぐらいの願掛けが必要じゃないかと思うのですが、いかがでしょう。

とはいえ、成人男女には結構おすすめ。愛を考えるとか人生の意味とかを考えるより、まず人生笑って過ごしましょう(笑)
[PR]
by zukunashi | 2013-03-18 22:33 | 映画・演劇・音楽 | Comments(0)


<< エビビモpro 第8回公演『産... IQ5000 [Big Bel... >>