ゾンビ×幽霊×宇宙人 オール恐怖大行進!!
度々遅延する電車のようなブログ「廃園の秋」のズクナシです。
と言うか毎日書くなんて絶対無理ですね。沢山書いている時だって月15本ぐらいですから。

ということで、この話を書いている裏ではまだ書ききれていない話があります。体力と記憶力の続く限り書くつもりでありますが、もう少々お待ち下さい。今年中には書いておきたい話もありますし・・・。

さて、タイトルにあります「ゾンビ×幽霊×宇宙人 オール恐怖大行進!!」は芝居の題名です。とっくの昔に終わっていますから、今更観るのはできませんが、劇団からDVDが出ていますので、もしこの記事で興味を掻き立てられたら、行ってみるといいかもしれません。その劇団の名前は「カプセル兵団」結構名の知れた劇団・・・?なんでしょうかね。私達の大好きだった惑星ピスタチオに所属していた吉久直志さんという方が座長です。惑星ピスタチオは一瞬で燃え尽きてしまった巨大な彗星のような劇団と言う印象があります。初めて見に行った「白血球ライダー」からその表現力が楽しくて見に行っていたんですが、直ぐに人気劇団になってしまい、高嶺の花に。今は動画サイトにその片鱗が見られます。今でもおもろいっす。

さて、話を元に戻しますと…じつは「カプセル兵団」を見に行った時には、座長が元「惑星ピスタチオ」所属と走りませんでした。なぜ見に行ったかといえば、近頃見に行くジャングルベル・シアターの役者さんが客演しているからです。
「ゾンビ×幽霊×宇宙人 オール恐怖大行進!!」
 
脚本・演出:吉久直志

出演:
◇ノーマルバージョン◇
吉久直志・周晴奈・瀬谷和弘・岡田勇輔・工藤沙緒梨・森澤碧音(DanceCompanyMKDC)・遠藤公太朗・林潔・小林美穂・仁木紘・若林辰也(優演隊)・神里まつり・福山渚・中森康仁
◇バカバージョン◇
吉久直志・周晴奈・青木清四郎・庄章子・中山泰香・北出浩二(teamSPITFIRE)・熊手竜久馬(虹の素)・五十嵐勝平・石神まゆみ・大場トシヒロ・渕井達也・谷口明日菜・國崎馨(スターダス21)・西村太一(ジャングルベル・シアター)

ゾンビに追いかけられた若者たちが逃げ込んだ屋敷は、有名な心霊スポットだった・・・。
屋敷の中で起きる怪奇現象の数々。外にはゾンビ、家の中には幽霊が待ち構える絶体絶命の状況へ様々な人々が逃げ込んでくる。はたしてこの状況を打破することはできるのか!?
新しい演劇の可能性に挑戦し続ける劇団、カプセル兵団が「飛び出す演劇」「ビジュアルイマジネーション」に続き挑戦するのは「ダブル演出」!! 同じ脚本を使い『ホラー』と『コメディ』相反するジャンルの作品を作り上げる!超実験的シチュエーションホラーコメディ。
劇団webページより引用。太字はズクナシがしました。
あらすじは引用したとおりです。で、実際の芝居はといえば、ノーマルバージョン、バカバージョン両方を連続してみた感想は・・・ちょいがっかりでした。

パワーマイムっぽい表現はあります。目まぐるしく位置を変え、ドタバタと動きまわり、頻繁に人が入れ替わり場面転換していました。しかし、それらの動的な、アクションの合間にある場面では、メリハリがあまり無く、恐怖を煽るためなのか、ただ絶叫したりステレオタイプな演技に始終していたように感じました。ノーマルバージョン、バカバージョンともにあまりシチュエーションに拘っているように見受けられなかったのが見ていて辛かったところです。怖い時は泣き叫ぶ、楽しい時は笑う、喜ぶ、怒るetc。たしかにその通りなんですが、それをその通り表現するだけでは、ちと飽きます。両方共(ノーマル、バカ)そこら辺の受ける印象がほぼ同じでした。なので、2回見て2回目(バカバージョン)では結構飽きてきちゃいました。

また、バカバージョンは結局楽屋落ちとシモネタ解禁というバージョンだったのが、がっかりだった理由のもう一つです。いや、バカをやることは単にリビドーを開放したりボケて突っ込むをやるだけじゃダメではないでしょうか?バカという言葉で受けるものは色々ありますが、一般常識からチョット外れている、と言う意味合いは少なくとも有ると思うのですが(そりゃあ大きく離れていてもいいのですが)最初のシーンを見た途端、ああきっとやるなぁこれ、と思った事は結構やってくれました。ある意味馬鹿と言われてやりそうなことを常識的に演じられていました。もしかすると、私が観劇スレしているのが原因かもしれません。(とはいえ、そんなに芝居を沢山見ているわけでもなく、芝居に関わる経験が長いわけでもないんですが)意外性のある馬鹿が見れなかったのは残念でした。ぎゃくにハマるギャグはたくさんあり、そういう所ではおもいっきり笑いました。

という訳で、三ヶ月経ってやっと書きました芝居の感想。全く役に立たないと思いますが、今日も芝居を見に行くので、その感想に押し流されてしまう前に文章化。
とはいえ、まだ書ききれていない芝居の感想が2本有る。正直に言うと(書く気が無いのも含めて)4本あります。いつ書き終わるのかなぁ( ´O)
[PR]
by zukunashi | 2012-10-24 14:56 | 映画・演劇・音楽 | Comments(0)


<< (3D)009 RE:CYBO... 第31回浅草サンバカーニバル 奮闘記 >>