久々の観劇 きまぐれパンダ 「サンパチマイクとセレナーデ」
第2回したまち演劇祭参加作品、きまぐれパンダ「サンパチマイクとセレナーデ」を25日の木曜日に見に行ってきました。

正直なはなし、期待はしていませんでした。ただ、笑える作品であること、ボキャ天に出ていた金谷ヒデユキが出ているという事で、チョット期待して行ってきました。

で、唐突ですが結果として面白かったです。時折ドハハァと笑いの漏れる楽しい芝居でした。

とは言え幾つか腑に落ちない部分はあります。一番気になったのは実は最後のシーンです。たしかにあれでもいいんですが、終わったという感じが弱い。まだ続くのかな?と思わせておいて落とすという事なのかもしれませんが、それにしてもなんか終わったァという感じは弱かったです。

あともうひとつ付け加えるとしたら、チョット主人公の春太郎を実はイイ人に書きすぎているんじゃないか?まあそうしないとホロリという部分が出てこなくなるのですね・・・わかります。んーでもちょっといい人すぎる気がします。

と、最初にキツメに書いておいてどうだったかといえば、話のテンポはいいし、役者さんの間のとり方もgood!
ギャグもそこそこ認知されていましたし、噛んだりトチッた所をすかさずアドリブで返すようなところも結構受けました。
実は冒頭の前説が一番受けていたという気もしないでもないですが。
そして金谷ヒデユキのネタも・・・たぶん観客を見て決めたんだろうなぁと思うんですが・・・年代的にツボでした。笑うシーンについては、近頃見た芝居の中で一番できていたと思います。

ということで、今日と、明日しかもう公演日は残っていませんが、木馬亭で笑って夏を締めてはいかがでしょうか。


きまぐれパンダ

「サンパチマイクとセレナーデ」

演劇集団アーバンフォレストの穴吹一朗と大友恵理のユニット・きまぐれパンダの初陣。夫婦漫才の小石川小春・春太郎は20年来のコンビだが夫婦仲は最悪!のドタバタコメディー。最後はホロリと涙が。
日時
8.24(水)19:30−
8.25(木)15:00−/19:30−
8.26(金)19:30−
8.27(土)14:00−
8.28(日)13:00−/17:00
8.29(月)19:30−

場所
木馬亭

脚本・演出:穴吹一朗/出演:大友恵理|穴吹一朗|峯村純一|福田らん 他
前売開始:7月23日(土)/料金:前売3,000円|当日3,500円(全席自由)
※25日(木)15:00のみ前売・当日とも2,500円※区民割引:2,500円(枚数限定)
問合せ:きまぐれパンダ|Tel:080–3526–6245

上記は第2回したまち演劇祭in台東 の該当ページより引用

(追記)金谷ユキヒロ→金谷ヒデユキ 申し訳ございませんでした<(_ _)>
[PR]
by zukunashi | 2011-08-26 01:03 | 映画・演劇・音楽


<< 演劇集団ふれる~じゅ 20周年... 上から目線・・・でも見当ハズレ... >>