映画を見たいと奥様が言うので…
と、軽く責任をなすりつけておきます。
いえ面白くなかったわけじゃないんですよ。ちょっと痛そうだったぐらいで、結構面白かったです。
ブラックスワン
ブラックスワン=黒鳥 はバレエ「白鳥の湖」における主役の白鳥の恋のライバルにして悪魔の娘。勘違いとはいえ王子を誘惑し、結婚の約束をさせるという悪魔。しかし、バレエの役の上では別々でも一人のプリマドンナが白鳥と黒鳥を踊り分けるのがお約束です。繊細で純粋な白鳥の姫と自信に満ち扇情的な黒鳥を一人で踊るのは非常に難しいようです。

さて、バレエの話は置いとくとして、この映画は「白鳥の湖」の主役に抜擢されたプリマドンナ、ニナ(ナタリー・ポートマン)が抜擢された日から初日の幕が下りるまでを描いています。

さて、何が面白かったかというと…バレエのシーンは…たしかにそれなりに美しく気高いのですが、感動的ではありませんでした。バレエの映画と思って見に行くと、初日の舞台でニナが人が変わったように凄まじい黒鳥を踊るところだけがバレエ映画です。この映画は昨今はやりのサイコサスペンスです。しかも痛い系の・・・主人公の幻覚がほとんどの場合何かしら血を流して、痛いシーンなのです。そうする事によってどんどんニナは追い詰められていき、そしてついには・・・という映画なので、痛いシーンが必要なのはわかるのですが、痛そうなシーンで顔を背けて横を見ると、うちの奥様も顔を背けてて目があっちゃった、という事が何回かありました。

まあ意味もなくエッチなシーンを入れてくるファッショナブルな映画より、シーンの意味は理解できるのですけれど…。

で、映画の出来としてはどうか?と言えば、結構評判がいいんですが、私としてはすごくいい評価にはなりませんでした。
理由は2つあります。

まず話としては非常にシンプルで分かりやすく、多分こうなるんだろうなぁという話の粗筋が容易に想像できるものだったという事。
粗筋の中には、母親のトラウマや振付師に対する思い、ライバルに対する憧れるけど拒絶してしまうアンビバレンツな思いなど、こう言っては何ですがこの手の話には必ず出てくるこれらの小道具も一通り揃っています。
基本に忠実なお話でした。

ただしここで注意して頂きたいのは、私は基本に忠実な話だからこの映画がダメだと言いたいわけじゃありません。とはいえ良い評価じゃない理由の一つとして「基本に忠実な話」をあげました。正しく言えば2番目の理由のせいでです。

2番目の理由、それはバレエが今一だったからです。
この映画では当然ですがバレエのシーンが沢山あります。ほとんどがレッスンシーンで、綺麗なシーンが多いのですが、それらのシーンで主人公は振付師にダメだしされ、追い詰められていき、ライバルが自分にとって替わろうとしていると妄想を抱いていく(もしかしたら振付師は本当に代役を立てようとしていたのかもしれませんが)筈なのですが、比較できるほどライバルの踊りのシーンは多くなく、ライバルとして彼女を脅かしているという事も、踊りの比較より性格とか行動で語られているいました。

ブラックスワンはバレエの映画ではなくサイコサスペンスの映画と言いましたが、ブラックスワンという題名のとおりバレエが舞台ですから、只のサイコサスペンスではなくバレエがありかつサイコサスペンスというふうであって欲しかったのです。というか、バレエとかダンスの映画は大好きなので、少なくともソコはすごいのだろうと期待していました。
期待しすぎたのかもしれませんが、バレエは…ナタリー・ポートマンは絶賛されていましたが…そんなに素晴らしくはありませんでした。

筋書きが平凡で、バレエもそんなに目立っていないという事で、確かにナタリー・ポートマンは素晴らしかったのですが、映画としてはイマイチという感想になるわけです。

嫌いじゃないですが、今年の映画のオススメとするには・・・

周防監督の「ダンシング・チャップリン」を観に行こうかな?
[PR]
by zukunashi | 2011-05-14 01:15 | 映画・演劇・音楽 | Comments(0)


<< 印税取るのは止めにしてもらいたい 充実した休日 >>